群馬県|整骨院での肩鎖関節脱臼 太田市 かわうちはり灸整骨院

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 群馬県 > かわうちはり灸整骨院

肩鎖関節脱臼

整骨院での肩鎖関節脱臼 太田市 かわうちはり灸整骨院


肩鎖関節脱臼とは・・・

肩鎖関節は、鎖骨と肩甲骨が接している場所で、肩鎖関節にある肩鎖靭帯と
その内側にある烏口(うこう)鎖骨靭帯の3本の靭帯(骨と骨を結ぶ強い紐状のもの)が
互いの位置を一定に保ち、関節がずれることを防いでいます。
肩に無理な力が加わってこれらの靭帯が損なわれると、肩鎖関節がずれます。
靭帯が傷んだ程度によって関節のずれの程度が決まります。
従来は関節の上下方向のずれの程度によって捻挫(ねんざ)・亜脱臼(あだっきゅう)・脱臼の
3型に分類していましたが、現在では関節を囲む筋肉の損傷の程度やずれの方向によって
脱臼をさらに4つの型に分ける分類法が主に用いられ、治療方針が決められます。

原因は・・・

大部分は、転んで肩の外側を強く打つことが原因です。
ごくまれに、腕を上方や前方あるいは外側に強く引っ張られることで生じます。

症状の現れ方・・・

最初の症状は、肩鎖関節部の安静時の痛み、
押した時の痛みと腕を動かす時の激しい痛みです。
少し時間がたつと、はれによりこれらの症状が強くなります。
大きくずれた場合は、鎖骨が上方に突出しますが、時間がたつと周囲のはれのために
突出は明確には認められなくなります。

治療・・・

T型・U型は保存療法となり三角巾で2〜3週間の固定を行います。
物理療法や運動療法を行い、肩関節の動き・筋力の回復をおこなっていきます。
2カ月は重労働やコンタクトスポーツは禁止です。
V型は中高年の事務職では保存療法となり上記と同様の治療となります。
若年者やスポーツ・仕事で肩をよく使う人は手術となります。
W型・X型・Y型は手術が必要となります。
手術は傷んだ靱帯・筋肉の修復、脱臼した関節の修復をするのが目的です。